日記


by ellestudio0227

カテゴリ:未分類( 2 )

『花粉症』の季節ですね。
少しでも軽く過ごしたいですよね。
対策としてどんなものがあるのでしょうか

①花粉を寄せ付けない
1度発症すると、年々重症化・慢性化しやすいそうです。
ただし、時季が決まっているものなのでなるべく早めの対策をとっておくことがポイントです。
日頃から花粉情報をチェックして花粉を避けて過ごしましょう。

②薬などの使用
花粉症もあまり重症化したときは、薬を使って改善しましょう。
薬局などでも鼻炎用内服薬、点鼻薬、点眼薬などいろんな症状に合ったものが売られています。
中には眠気が出るものもあるので、使用するときは確認しましょう。

市販の薬ではなく病院でもみてもらうのも一つの方法です。

③その他の治療法
薬でも改善しないときには、電気凝固法、レーザーなども手術もあるようですが
効果が一時的で、1~2年しか続かないものが多いみたいです。

減感作療法(特異的免疫療法)というアレルゲンを繰り返し注射して体を
慣らしていく方法もあります。

自分の生活に合った方法で早めの対策をしましょう。

できるだけ薬は使いたくないですね。
そのためにも『花粉』の特徴を知ることも大事かもしれませんね
花粉情報をチェックするのもそうですが
花粉の飛びやすい天気を知ることも大事でしょう。
前日または当日の未明まで雨や雨の後の晴れまた曇り
南風が強く吹く日などは特に注意しましょう。

また普段の食事をバランスよく摂り、体を鍛えておきましょう
そして、家に花粉を持ち込まない。

これらのことを気をつけるだけで、ずいぶん違うと思います。

賢く花粉の季節を乗り切りましょう。
[PR]
by ellestudio0227 | 2009-02-27 15:19
外を歩いているとちんちょうげの花の
ほんのりいい香りがしてきます。
もう春なんですね。

春はなんだか気分もうきうきしてきますが
中には一番嫌な季節の人もいますよね。
そうです『花粉症』の人にはとにかくつらい季節ですね。

『花粉症』とは名前の通り花粉が原因でおこるアレルギー反応です。

『花粉症』の起こる理由は
花粉が体内に入ると、異物とみなし抗体を作ります。
花粉との接触が多くなると抗体が増え、一定量を超えると発症するそうです。

肥満細胞という鼻やのどの粘膜にある細胞に抗原(花粉)が付いて反応します。
肥満細胞がわれ、中の化学伝達物質が出て『花粉症』になるそうです。
なんだがわかったようなわからないような話でしたが

とにかく『花粉症』は誰でも発症する可能性のあるものです。

症状は風邪によく似たものですが
いくつか風邪との違いがあるそうです。
一番の特徴はなんと言っても
○目や鼻・耳・顔などの粘膜や皮膚のかゆみです。
後は
○熱がほとんど出ない
○鼻水がサラサラしていて、何度かんでも出てくる
○毎年決まった時季に起こる
○涙がぽろぽろでる
○頭がボーっとて、重くなる。イライラする。
○せき、くしゃみ。くしゃみは続けて出るのが特徴
○体がだるく、夜眠れない
○胃腸がアレルギーを起こし、消化不良や食欲不振になる人もいる

が特徴です。

今この時季はスギ花粉がピークのようです。
毎年2月~5月初めまで飛び散るそうです。

まわりでもマスクして対策している人いますよね
でも、まだ『花粉症』になっていない人いますよね
私もそうなんですが、どうして差がでてくるのでしょうね

『花粉症』が発症しやすい人は両親や兄弟が『花粉症』の人、
アトピーや喘息などのアレルギー疾患の持病の人だそうです。

しかし、前にも書いたとおり誰でも発症可能なんです。
体内の抗体が一定量に達するのに歳月がかかるので
20代や30代で発症する人が多いようです。

できるだけ『花粉症』にはなりたくはないですが
もし発症したら正しい対処で、でくきるだけ軽くすませたいですよね

せっかくいい季節ですもの
[PR]
by ellestudio0227 | 2009-02-27 14:54